小太り風俗嬢が意外と良い

風俗には真実があるからこそ

風俗には真実があるなって思いますね。これは決して誇張したものじゃないんですよ(笑)快感という紛れもない真実があるじゃないですか。それはやっぱり是非とも楽しみたいというか、男にとって快感は特別なものじゃないですか。しかもオナニーじゃないんですよね。オナニーではそこまでの感動はないと思いますけど、風俗で女の子に奉仕してもらうあの快感特別なものです。いつでも、そして何度でも味わいたいなって思いがありますので風俗で遊ぶことも多いですし、風俗での快感こそ男が求めている快感の真実そのものですよ(笑)オナニーが嘘の快感だとは言わないんですけど、オナニーは時に快感と言うよりも消化に感じてしまうこともあるじゃないですか。これは個人的にはあまり良いものではないなと。それよりは、やっぱりもっともっと真実というか、消化ではなく積極的に楽しみたいって思える快感を味わっておきたいじゃないですか。そのためには風俗なんですよ。

時間は作れると実感したんです

それまでは「忙しいから風俗どころではない」「終電を気にした風俗は勿体ない」といったように、時間を気にするあまり、遊ぶことが出来ないケースは多々ありました。遊びたくない訳じゃないんですよ。むしろ遊びたいんですけど、遊ぶなら全力と言うか、悔いの残らないようにって思いがあるんです。何かを気にしながらのプレイはやっぱりあまり良いものではないと思うんですよね。それよりは、自分の気持ちに正直になって思う存分楽しみたいじゃないですか。でも、それはあまりはーどるのたかいものではありませんでした。デリヘルであれば、別に忙しいとか時間がないっていう言い訳が意味がないというか、電話で呼んで楽しむだけでいいんです。どれだけ忙しいとしても、そのくらいの時間は捻出出来るんじゃないのかなって思うんですよ。自分もそうです。デリヘルで遊ぶようになってからは、ちょっとした時間があれば楽しめるってことに気付いたので、結構アグレッシブに楽しんでいます。