小太り風俗嬢が意外と良い

風俗もそれがベストだなと実感した

やっぱり風俗も基本的にはサービスである以上、「とりあえず楽しませてください」ではなくて、自分が何をしたいのかを考える。これが大切かなって思うんですよね。もちろん他にもいろいろと心掛けておいた方が良いことが多々あると言うのも分かるんですよ。だって風俗っていろんな選択肢があるじゃないですか。女の子だけじゃなくて自分の気分的な問題もありますので、「とりあえず」じゃなく、自分でもそれなりに道標と言うか方向性くらいはちゃんと考えておいた方が良いかなと(笑)相手選びもそうですけど、相手に対してのコミュニケーションというか自分がどんなことをして楽しみたいって思っているのかを伝えることもまた、快感に関連する部分だと思うので結構大切なんじゃないのかなって思うんです。だから風俗っていわば総合的なコミュニケーションそのものなんじゃないのかなって思うんですよね。ちょっとしたことですけど、これは結構重要なんですよ。

風俗では何もかもが楽しめると思う

一概に「風俗」といいってもそこには本当にいろいろなものがあるなって思いますよね。何が素晴らしいかって、風俗っていろんなバリエーションがあるし、女の子だってたくさんいます。二人として同じ子はいないということは、つまりは相手によってまったく違う満足感があるってことを意味しているんじゃないのかなって思うんですよね。プライドを満たせるなって時もあれば、ただ快感に大きな満足を得られたなと思う時もありますし、いろんな気持ちが得られるのもまた、風俗ならではなものなんじゃないかなって思っていますので、風俗に行く時には「気持ち良くなろう」じゃなく「どんな楽しさが待っているんだろう」という気持ちが強いんですよ。むしろその気持ちがあるからこそ、いろいろなことを楽しめるし、自分なりにもっといろんなことを味わってみたいなって気持ちになるのもありますよね。だから風俗って想像以上に面白いなってことを、最近になって気付くようになりました。